MacBook Air (13-inch, Early 2015):Safariの不具合修正

MacBook AirとiPhone、同時に不具合が起きてしまったということで復旧依頼を頂きました。MacBook AirもiPhoneもハード的な故障ではありません。MacBook AirはSafariが起動しません。キャッシュや初期設定ファイルを一旦外しても症状は改善されず、Safariを入れ直すことにしました。以前のようにSafariだけインストールすることは出来ませんが、OSの再インストールで壊れたSafariの替わりに正常なSafariがインストールされます。macOSを再インストールしても、ユーザーアカウントやデータ、設定等はそのまま残ります。OSの再インストール後、Safariは正常に起動するようになりました。次はiPhoneの不具合ですが、機種は6sで文字入力が出来なくなっていました。Safariでもメールでもメモでも、アプリは起動しますが文字を入力しようとして画面にキーボードが表示されると、アプリ自体がフリーズしたような状態になり、タッチパネルが反応しなくなります。キーボードの変換学習をリセットしても直りません。バックアップを取ってから初期化をし、とりあえず”新しいiPhone”としてユーザーデータが無い状態で動作確認を行いました。文字入力はできますのでiPhone自体に問題はありません。次にバックアップデータを復元して動作確認です。無事文字入力が出来るようになりました。ソフト的なトラブルでも可能な限り対応致しますので、お気軽にご相談下さいませm(_ _)m 本日もダブ・システムをご利用いただき、ありがとうございました!

Follow me!