iPhone 6:バッテリー交換

バッテリーの残量ゼロで電源が落ちて、その後充電ができなくなり起動しなくなってしまったということで、iPhone 6の修理依頼をいただきました。バッテリーの保ちも悪かったようですので、バッテリーの交換で直る可能性大です。修理歴の無い”6”のはずでしたが、中を開けてみると、ボロボロのバッテリーが接着剤でバックパネルに貼り付けてありました。適当に貼り付けてあったため、少し引っ張るだけでバッテリーは簡単に外れました。この怪しい6は、携帯ショップではなく、タイの何でも売っている(?)お店の店頭に新品のiPhoneとして並んでいたそうです。iPhone自体は偽物ではなかったので、新しいバッテリーを取り付けて、無事復活しました。本日もダブ・システムをご利用いただき、ありがとうございました!

Follow me!