iPhone 5s:スリープ(電源)ボタン修理

スリープ(電源)ボタンの反応が悪くなってしまったiPhone 5Sです。ボリュームボタンは反応しますが、こちらは”カチッ”というクリック感がありません。それともう一つ、バイブレーターが全く鳴りません。バイブレーター自体はあまり故障するパーツではないため、バイブレーターと基板を繋いでいるケーブル不良が原因である可能性大です。スリープボタン、ボリュームボタン、マナーモード切り替えスイッチ、そして基板からの信号をバイブレーターに伝えるための”接点”、これらは全て1本のケーブルに繋がっています。パワーフレキシブルケーブルの交換で不具合は改善されるはずです。原因は分かりませんが、やはり元のケーブルのバイブレーター端子との接点部分が切れていました。ボリュームボタンは内部に細かい埃がたまっていましたので、それを取り除き新しいケーブルを取り付けて修理は完了です。バイブレーターは鳴るようになり、それぞれのボタンもカチッと反応するようになりました。本日もスマフォドクター静岡・浜松店をご利用いただき、ありがとうございました!

150107_ii

Follow me!