iPhone 5s:ガラス割れ、スリープ(電源)ボタン修理

5ほどではありませんが、5S、5Cもガラス割れ以外の故障修理が増えてきました。こちらの5Sは、落としてガラスが割れる前からスリープ(電源)ボタンが押しづらかったそうです。ボタンが半分陥没しているような状態で、4、4Sで多かった症状です。パワーフレキシブルケーブルの”黒ポッチ”は残っていましたが、ボタンの真ん中ではなく右上にずれていました。フロントパネルとパワーフレキシブルケーブルの交換で、無事5Sは復活しました。スマフォドクター静岡・浜松店は毎日夜9時まで営業していますので、少し遅い時間でも基本即日対応いたします。本日も当店をご用命いただき、ありがとうございました!

150127

Follow me!