iPhone 5:スリープ(電源)ボタン修理

パワーフレキシブルケーブルを交換したiPhone 5です。この1本のケーブルで、スリープ(電源)ボタン、マナー切り替えスイッチ、ボリュームボタンの不具合を修理できます。まれに、このケーブルが原因でバイブが鳴らなくなる事もあります。iPhone 5は、スリープボタンは押せるけれど、全く反応しなくなる不具合が多いです。ボリュームボタンは”+”ではなく、何故か”−”が反応しなくなるケースが多数見受けられます。こちらの5は、スリープボタンが反応しなくなっていましたが、ケーブル交換でカチッと反応するようになりました。ガラス割れ以外の故障、不具合修理もスマフォドクター静岡・浜松店におまかせください。本日も当店をご利用いただき、ありがとうございました!

150217

Follow me!

前の記事

iPhone 5s:水没点検修理

次の記事

iPhone 5:ガラス割れ修理