iPad mini 1st:SIMトレイ取り出し

「SIMトレイが抜けないっ!」と、以前遠方から第三世代iPadの修理依頼をいただいたことがありますが、今回SIMトレイが”詰まった”のは中国版初代iPad mini(SIMフリー)でした。micro-SIMをハサミでカット → 金色の部分(ICチップ)を残してカットしたらnano-SIMより長いカードが完成 → 長すぎてSIMトレイにカードをセットできないので、トレイの裏側にカードを挟んでiPad本体に挿入 → トレイ+カードの厚みがあるので力業で押し込む → SIMカードを認識したりしなかったりで、新たにnano-SIMカードを契約 → SIMカードの交換を試みるもSIMトレイが取り出せない、ということで当店でSIMトレイの取り出しを試みました。こうなってしまうと、本体内部からSIMトレイを押し出すしか方法はありません。フロントパネルと液晶パネルを外して、無事SIMトレイを取り出せました。幸い基板の損傷はなかったので、新しいnano-SIMはきちんと認識されました。修理メニューにないトラブルでも出来る限り対応いたしますので、お気軽にお問い合わせくださいませm(_ _)m

150313

Follow me!

前の記事

iPhone 6:ガラス割れ修理

次の記事

iPhone 6:ガラス割れ修理