iPad 2:自己修理修理失敗

自己修理に失敗したiPadの修理依頼をいただくことがありますが、大抵はパーツ交換の必要無し、再組み付けで直ってしまいます。こちらのiPad 2もガラス割れを自分で修理したところ、タッチパネルが全く反応しなくなってしまったということで、修理が可能かお問い合わせをいただきました。不具合原因はパーツ不良ではなく、デジタイザー・ケーブルの取り付けミスでした。写真の位置より、もう少し奥までケーブルを差し込まないといけません。紛失した液晶パネル固定用ビスは補填して、ガラスとパネルの間にあるプラスチックフレームはお客様の要望で新しいパーツに取り替えました。バックフレーム側に貼り付けてあった両面テープは粘着力が落ちていましたので、新しいテープで再度フロントパネルを接着して修理は完了です。本日もダブ・システムをご利用いただき、ありがとうございました!

160413

Follow me!

前の記事

iPhone 6:ガラス割れ修理

次の記事

iPad 4th:ガラス割れ修理