iPad mini:ガラス割れ修理

iPad Air2以降のiPadとiPad mini4は、ガラスと液晶パネルが一体化したフルラミネーションディスプレイを搭載しています。ディスプレイとガラスの間に隙間がないため、以前のモデルより光の映り込みが少なくなっています。ただし、ガラスが割れても液晶パネルを含めたフロントパネル一式の交換修理になるため、修理費用は高くなります。さて、こちらは初代iPad miniですが、画面の左1/4が表示されなくなっていました。このminiはフロントガラスとディスプレイは独立したパーツ構成になっていますので、ガラス(デジタイザー)はそのまま、液晶パネルの交換で、元通り正常になったminiをお渡しできました。本日もダブ・システムをご利用いただき、ありがとうございました!

160426

Follow me!

前の記事

iPhone 6:ガラス割れ修理

次の記事

iPhone 5:ガラス割れ修理