iPhone 5:音量ボタン修理

またまたバッテリーの膨張により、フロントパネルが浮き上がってしまったiPhone 5です。バッテリー以外では、音量ボタンがカチッと押せずボリューム調整が出来なくなっていました。バッテリーと、スリープ(電源)ボタン、マナー切り替えスイッチ及びボリュームボタンが一体になっているケーブル、この2点のパーツ交換で、無事復活した”5”をお返しできました。本日もダブ・システムをご利用いただき、ありがとうございました!

160805

Follow me!