iPhone 6s:水没点検+データのバックアップ

水没したiPhone 6sの復旧依頼をいただきました。水没したのは2回目で、最初に水没した時は特に処置は施さずそのまま使用できたそうです。今回も水没後特に問題は見受けられなかったようですが、数時間後に突然電源が落ちて使用不能になり、駆け込みでご来店いただきました。iTunes、iCloudのどちらにもバックアップは無く、iPhone内のデータ、特に写真が無くなってしまうのは困るということで、復旧作業に取り掛かりました。まず基板の”泡ブクブク洗浄”を繰り返し行い、乾燥後各パーツを元に戻して電源が入るか確認をします。6、6sの液晶パネルは水没後不点灯になってしまうことが多いので、フロントパネルは検証用のパネルを借り組みします。無事電源が入りましたので、すぐに当店のPC+iTunesにバックアップをとりました。予想通り、元のフロントパネルはiPhoneの電源が入っても真っ暗のままでした。過去2回水没していることを考慮すると、今後別の不具合が発生する可能性があるため、高額なフロントパネルの交換修理はお勧めではありません。iPhoneの現在の状態をご確認していただき、今回は機種変更後バックアップデータを新しいiPhoneに戻すことになりました。機種変更するまでの半日、一日でも携帯が無いと困りますので、今日は元のホームボタンを移植した検証用パネルを6sに付けておきました。本日もダブ・システムをご利用いただき、ありがとうございました!

Follow me!

前の記事

iPhone 6:バッテリー交換