iPad mini 2:スリープ(電源)ボタン修理

落としてからアップルマークが点滅を繰り返し、正常に起動しなくなったiPad mini 2の修理を承りました。アップルマークが点滅する原因は、落下の衝撃によるスリープ(電源)ボタンの陥没でした。スリープボタンが陥没して、中のスイッチが常に押された状態になると、アップルマークが消えたり点いたりするだけで、いつまで経ってもホーム画面にはなりません。すぐに修理が出来ない場合、とりあえずコンセントに繋いだ充電アダプター+充電ケーブルをiPad(or iPhone)に挿して充電中の状態にすると、起動させることが出来ます。こちらのminiは、バックパネルにあるスリープボタン用の”穴”が、横方向に押しつぶされて小さくなっていました。ボタンが表に出るように、この歪んだ”穴”を削って少し広げました。後は外したパーツを取り付けて修理は完了です。ボタンがカチッと押せるminiに戻りました。本日もダブ・システムをご利用いただき、ありがとうございました!

Follow me!