iPhone SE:スリープ(電源)ボタン修理

こちらは、落下による衝撃でスリープ(電源)ボタンが陥没してしまったiPhone SEです。ボタンが常に押されている状態なので、Appleロゴが点いたり消えたりするだけで正常に起動しません。応急処置として、コンセントに繋いだ充電アダプター+充電ケーブルをiPhoneに挿しておくと起動させることができます。基板とバッテリーを外して、パワーボタンフレックスケーブルを交換します。凹んでしまったバックプレートの修正後、新しい内部ケーブルを取り付けて、ボダンをカチッと押せるようになったSEをお渡しできました。本日もダブ・システムをご利用いただき、ありがとうございました!

Follow me!