無線LAN環境:トラブル対応

昨夜は少し遅い時間に、修理ではなく出張対応で無線LANのトラブル対応を実施してきました。5年以上使用していた無線LAN親機が故障したため、新しい親機を量販店で購入してきたそうです。そして古い機器と入れ替えたところ、新しい親機の電波がどの端末からも拾えないということでした。現地で状況を確認すると、新しい親機の電波が見えたり見えなかったりで、見えているときに正しいパスワードを入れて接続しようとしても繋がりません。Buffalo社製でしたので、有線で繋がっているPCから、AirStation設定ツールで親機を検索しても見つかりません。初期不良?と一瞬思いましたが、新しい親機の箱の中に、未開封のACアダプターがあることに気が付きました。故障した親機もBuffalo社製だったため、新しい親機に古いACアダプターを繋いでしまったようです。ACアダプターに記載されている仕様をみると、定格出力はDC12V 2A(新)、DC5V 2A(旧)でした。不具合の原因はACアダプターです。正しいACアダプターで電源を入れ直すと、有線、無線共になんの問題もなく正常に機能するようになりました。パソコンの周辺機器を入れ替える時は、ACアダプターは本体付属のものを使いましょう。無線接続のプリンターが2台ありましたので、Wi-Fi接続を再設定して、無事トラブルは解決しました!

Follow me!

次の記事

iPhone 7:バッテリー交換